•  
  • 住宅・建築用語集 ま行

住宅・建築用語集 ま行

ま行

間口

土地や建物の主要な方向から見たときの幅のこと。一般的には土地や建物が道路に面している幅のことをいう。マンションの場合は、「スパン」や「フロンテージ」とも呼ばれ、バルコニーなど大きな開口部がある側の長さを指す。

間仕切り壁

建築物の内部空間を仕切るための内壁のことであり、室と室とを区画する壁のことである。

間取り

建物内部の部屋や区画の配置。または部屋や区画の配置を計画すること。「平面計画」や「ゾーニング」ともいわれる。部屋数と区画は「3LDK」など、数字とアルファベットで表記され、間取り図によって配置がわかるようになっている。

水勾配

水を流すためにつける勾配のこと。屋根、ベランダ等雨水のかかる部分や浴室の洗い場など、水をきれいに流すために必要とする勾配。

無垢材(むくざい)

一本の木から削り出された柱や板の天然木材のこと。何層にも接着剤で張り合わせた集成材とは違い人体に安全で優しく、自然の風合いを持っている。しかし、割れや反り、曲がりも起きるため、樹種による硬さ、強度、調湿性、吸水性、腐朽性、加工し易さなどを理解し、適材適所で使うことが必要である。

棟上げ(むねあげ)

木造建築で柱や梁などを組み立てて、屋根の一番上の部材である棟木を取り付けるときのこと。鉄筋コンクリート造ではコンクリートの打ち込みが終了したとき、鉄骨造では鉄骨工事が終了したときを指すことが多い。「上棟(じょうとう)」「建方(たてかた)」「建前(たてまえ)」とも言う。

無落雪屋根

屋根上に積もった雪を載せたままにしておき、気温上昇により徐々に融雪させ排水するシステムの屋根のこと。豪雪地方の敷地面積が狭い都市部の住宅では、居住空間と車庫などの付属空間を確保し、除排雪の労力を軽減するため、無落雪屋根が多い。

目透かし天井

和室の天井の仕上げ方の一種で、天井板をぴったり継ぎ合わさないで、板と板の継ぎ目にすき間をあけて張る方法のことをいいます。 打ち上げ天井とも呼ばれます。一般住戸の和室の天井の仕上げ方としては、目透かし天井や、天井板の下に細い木を平行に並べた竿縁天井がよく使われます。

メゾネット

1つの住戸に2層が住戸内階段でつながる集合住宅プランのこと。共用部分への出入り口がある階と共用部分に接しない階ができ、接しない階ではよりプライバシーの高い居住空間ができる。

面格子

本来は、断面が丸や平角の鉄棒を窓などの開口部に取り付けたもの、すなわち鉄格子である。現代ではアルミ製(枠付き)のものが多い。防犯対策として台所の窓等に設ける。

メディシンボックス

通常洗面化粧台の横の壁に設けられる、洗面道具等を収納する棚のこと。

免震

地面と建物の間に専用の装置を設置することにより、地震エネルギーを吸収して地震の揺れを建物に伝わりにくくする工法です。安定した地盤に建設する必要があります。この工法により地面と建物が切り離されるため、建物のダメージも揺れも大幅に減少します。

木造3階建

都市部の狭小地でニーズがあるが、防火地域では建てられないなどの制限がある建物。準防火地域では構造計算で安全性を確かめた場合、一定の防火措置をした木造3階建であれば建築可能。風圧力、地震力が木造2階建てとは大きく違うため注意が必要。

モジュール

基本単位のこと。建築生産においては、寸法調整のため、特に選ばれた寸法単位。モジュールは1つの寸法をいうこともあるが、何らかの法則、系列によって定められた寸法の組織をいう場合がある。一般的には3尺である91cmを基本寸法とするが、最近は1mを基本寸法とするメーターモジュールが採用されるケースが増えてきている。

モチーフ

空間を統一させるために持たせる特徴で、形、色、材質、または概念などを指す。注文住宅においては、建物だけではなく庭などにも花や鳥、その他様々なモチーフが設計の中に組み込まれる。

持分(もちぶん)

不動産を購入するためには多額の資金を用意しなければなりません。不足する資金は借入れに頼ることになります。一人で購入することが困難な場合には、共同で購入する場合もあるでしょう。持分とはその不動産の名義が誰が、どのくらいの割合を所有しているかを示すものです。この所有権の持分登記のときには、慎重に資金の出所と持分の関係を精査しなければなりません。資金を出した者と所有権が違うとか、借入金の当事者と所有者が違うとか、資金の出所を無視し単純に夫婦2分の1ずつにするなど間違った登記をしてはいけません。間違った部分は、実際に資金を出した人から、資金を出さないのに不動産を所有することになった人への贈与とされ、贈与された人は贈与税が課税されます。

モデルハウス・モデルルーム

住宅販売などに当たって展示・PRのために建設された住宅または部屋をいう。住宅建築の受注や分譲住宅の販売のために建てる戸建て住宅が「モデルハウス」、マンション販売の場合などにおいて展示する部屋が「モデルルーム」である。建築工法、住宅性能、室内環境等を具体的に示すことができるが、現実に販売される住宅等とまったく同一ではない。

元付け

宅地建物の売買の仲介において、顧客から直接に売買の依頼を受けている立場にあることをいう。一方、そのような依頼を受けた売買の相手方(売る依頼ならば買い手、買う依頼ならば売り手)を発見・仲介することを「客付け」と呼ぶ。宅地建物の仲介業務においては、元付けを担う業者(元付け業者)と客付けを担う業者(客付け業者)が異なり、両者が共同して取引を成立させることが多い。

盛土

既存の敷地の地盤の上に新たに土を盛ること。宅地造成工事規制区域内に指定されている区域で、一定基準以上の盛土をする場合は、都道府県知事の許可を受けなければならない。沈下に注意する必要がある。

モルタル

一般的にはセメント、砂を混ぜて水で練ったセメントモルタルのこと。土間の仕上げ材、石やタイルの下地、外壁に塗るなど多く用いられる。施工性が高く、コストが安く、高強度で、防火性能がある反面、収縮性が高く乾燥による亀裂が発生しやすい。

Fudousan Plugin Ver.1.7.0