•  
  • 二世帯住宅

二世帯住宅

家族の絆を育む優しい住まい「二世帯住宅」 二世帯住宅 外観イメージ

ここ数年、あらためて人気が高まっている二世帯住宅。 経済面や生活面でのメリットが大きいのはもちろんのこと、「家族の絆」を育む住まいとして注目するご家族が増えています。 年代も考え方も、ライフスタイルも違う家族が、みんなでいつまでも仲良く楽しく暮らせる住まいを作るためには、いくつかのポイントがあります。 親世帯・子世帯それぞれのライフプランと生活スタイルを尊重して、新居への希望や夢をみんなで話し合う――。 それが、自分たちらしい暮らしに合った二世帯住宅への早道です。

二世帯住宅を実際に建てた感想をお聞きください。ここで登場するのはクレバリーホームの運営母体である皆成建設社員です。建物の構造や部材を知り尽くした土木部長の体験談になります。社員とはいえ家を建てるときはどの住宅会社で建築しても一切お構いなしですが「クレバリーホームがいいのは私がよく知っているから」と建築会社は簡単に決定。お孫さんが2階から階段を転げ落ちた話など、これから2世帯住宅をお考えの方にはお聞きいただきたい話です。

二世帯住宅を建てて生活は変わりましたか?

二世帯住宅を建てて生活は変わりましたか?二世帯住宅を建てたお客様にインタビューをしています。

担当営業マンのアドバイスでトイレの種類を変えた。

担当営業マンのアドバイスでトイレの種類を変えた担当営業マンのアドバイスについて伺いました。

小さなお子さんがいる方への注意点、よくある家庭内事故の事例です。

小さなお子さんがいる方への注意点二世帯住宅に住むにあたっての小さなお子さんがいる方への注意点について伺いました。

「ライフプラン」と「ライフスタイル」からみえてくる理想のカタチ

二世帯住宅の間取りを考えるときのポイントには、次の3点があげられます。

  • 1.ライフプラン・ライフスタイルを考慮した設計
  • 2.経済性
  • 3.将来性

二世帯住宅 内装イメージ

まずは、お互いのライフプラン・ライフスタイルを確認し、自分たちに合った間取りを探します。 たとえば、子世帯は共働きで帰宅が遅く、一方親世帯が早寝早起きであれば、親世帯の寝室近くに、子世帯が利用する玄関や浴室などが隣接しない間取りがいいでしょう。

そして、建築費の負担や、生活費の負担など、事前にルールを決めておきましょう。

また、悲しいことですが、人間の定めとして、いつかはいなくなります。 年齢順から言えば、親世帯からです。 そのときに、親世帯の居住スペースをどのように活用するか検討しておくことも大切です。

二世帯住宅3タイプのメリット&デメリット

二世帯住宅は、大きく3つのタイプに分けられます。

  • 子世帯 親世帯1.すべての設備を別々に
    設ける「完全分離型」
  • 子世帯 共通 親世帯2.一部の空間・設備を一緒に
    使う「一部共有型」
  • 共通3.空間・設備のほとんどを
    一緒に使う「完全共有型」

間取りタイプを考えるときに“予算とのにらめっこ”となることがあります。
しかし、予算優先でプランを決めてしまうのではなく、お互いの要望を出しあい、自分たち家族にあったパターンを見つけることが重要です。

たとえば、「一部共有型」にしたいと考えたとき、共有スペースはお互いのライフスタイルや、家族間の関わり方などを考慮して、何を共有するのかどうすべきか検討するといった具合です。

二世帯住宅は、親世帯、子世帯が一緒に一つ屋根の下で暮らす、優しい住まいです。
計画段階からお互いによく話し合うことが、もっとも大切です。 「親は和室一間でいいだろう」「予算や敷地の広さからすると共有型しかないだろう」と勝手に決めてしまったり、「お金を出すのは息子だから我慢しよう」などと遠慮したりは、後々のトラブルの原因になりかねません。 住み始めてから「こんなはずではなかった」とならないためにも、“勝手”と“遠慮”は禁物です。

完全分離型
メリットデメリット
  • プライバシーが高く保たれる
  • 将来、賃貸として利用できる
  • 区分登記ができ、税制面で優遇あり
  • 設備が2つずつ必要なので、コストがかかる
  • 居室スペースが狭くなる
一部共有型
メリットデメリット
  • 機能面では、プライバシーが保たれる
  • 家事の協働が可能
  • 水まわりを共有すると光熱費が節約できる
  • 家族のふれあいの場
    (リビング、趣味部屋、ライブラリーなど)を設けられる
  • お互い、共有部分の利用に気兼ねすることもある
  • 落ち着かないこともある
  • 掃除管理ルールが必要
  • 共有部分を利用する際にバッティングすることもある
完全共有型
メリットデメリット
  • 賑やかな生活を過ごせる
  • 建築費用が抑えられる
  • 光熱費などのランニングコストを抑えられる
  • プライバシーの確保が難しい
  • 落ち着かない

「完全分離型」「一部共有型」「完全共有型」どのタイプが向いているか確認してみましょう

分離←→共有

  • 完全分離型 互いのプライバシーを確保できる「完全分離型」
  • 一部共有型 個々の時間を大切にしながら共有できる「一部共有型」
  • 完全共有型 家事や子育てを協力しあえる「完全共有型」

互いのプライバシーを確保できる「完全分離型」

完全分離型は、各世帯の日常生活を完全に分けて、プライバシーを確保できるのが一番の特徴です。 ただし、すべての設備を別々に設ける必要があるので、一定以上の床面積は必要になります。 完全分離型は、上下階で分ける方法と、左右で分ける縦割り方法があります。 上下階で分けるときは、特に物音を気にしないで暮らせる間取りに配慮が必要です。 左右で分けるほうが独立性は高いものの、2軒建てる場合とほぼ同じ建築費がかかります。

完全分離型 1F 間取り図 完全分離型 2F 間取り図

家族構成の変化に対応できる工夫を

子どもの独立、両親の定年など、家族構成や家族のライフスタイルが変わったときを考えてプランしておくことが大切。 また、完全分離型は、将来単一世帯になった場合、一方の生活空間をそのまま賃借したり、店舗併用型にリフォームして貸したりといったこともできます。 こうしたことも考えながらプランニングをしましょう。

Owner's Voice 完全分離型

  • 親世帯と子世帯の生活リズムが違うので、完全分離型に。仕事で夜遅く帰ったときも、両親に気兼ねすることもなく、安心です。

    長野県/N.Mさん

  • 屋内で互いの世帯を行き来できるようにしました。不意の雨などのときには、母が私たちの洗濯物も取り込んでくれるなど大助かり!

    千葉県/S.Yさん

  • 敷地と道路の関係上、駐車場は1箇所に。私たち世帯の玄関からは少し離れているので、重い物やかさばる物を車から家へ運び入れるときに、ちょっと辛い感じです。

    兵庫県/W.Jさん

個々の時間を大切にしながら共生できる「一部共有型」

世帯それぞれの暮らしを尊重しながら、玄関や浴室など生活空間の一部を共有する「一部共有型」は、共有スペースのつくり方が大きなポイントになります。 特に、互いの生活ゾーンと行き来しやすい配置、十分な広さ、たっぷりの収納などに配慮しましょう。 また、ときには2世帯が一緒に食事をできるよう、どちらかの世帯に大きなダイニングテーブルを置くのもおすすめです。

一部共有型 1F 間取り図 一部共有型 2F 間取り図

可動式間仕切りで空間を上手に活用

リビングとダイニング、あるいはリビングと子ども部屋など、隣り合う2つの空間を間仕切り家具で仕切るのもひとつのアイデア。 家族全員で過ごすときは間仕切りを開放して、単一世帯で過ごすときや丸見えになるのを避けたいときは間仕切りを閉めてと、空間をフレキシブルに使うことができます。

Owner's Voice 一部共有型

  • 設計担当の方の提案で、親世帯のリビングダイニングをL字型にしました。2世帯で一緒にご飯を食べた後にリビングでくつろぐときも、ほどよい距離感で居心地抜群!

    群馬県/Y.Kさん

  • 1階が両親、2階が私たちの生活空間で、一部が吹き抜けになっています。 子どもの声が筒抜けでうるさいのでは…と心配しましたが、いつもお互いの気配が感じられるから安心だと両親は大喜び。このプランにして良かった!

    埼玉県/A.Wさん

  • 洗面室の収納スペースで誤算が!洗面台の収納では足らず、収納家具を買い足しました。

    東京都/H.Eさん

家事や子育てを協力し合える「完全共有型」

生活空間の多くを共有する「完全共有型」は、家事や育児を日常的に協力し合えるうえ、生活費や空間利用の効率化を図れるのがメリットです。 プランニングでは、親世帯・子世帯の交流が円滑に行えるような工夫と、世帯それぞれが最低限のプライバシーを確保できる工夫がポイントに。 また、足音や排水音などの騒音にも十分な配慮が必要です。

完全共有型 1F 間取り図 完全共有型 2F 間取り図

「ひとりの時間」が楽しめる空間を

両親、祖父母それぞれの専用空間を設けることも検討してみましょう。 リビングやダイニングの一角、あるいは寝室の一部を緩やかに仕切るなど、方法はさまざま。 パソコンや書き物、読書、家事の合間のティーブレイクなど、「ひとりの時間」が楽しめる空間が暮らしをより豊かにします。

Owner's Voice 完全共有型

  • 私たち夫婦が共働きなので、子どもの塾の送り迎えや夕飯の用意などは、両親が手伝ってくれて大助かり。 光熱費も折半にしているので、家計がラクになりました。

    愛知県/H.Kさん

  • 実の両親との同居は気兼ねも必要ないだろうと、完全共有型にしました。 空間を効率的に使えたおかげで、書斎をつくることができて夫も大喜びです。

    埼玉県/A.Wさん

  • 高校生の娘が朝シャワーを浴びていると、洗面できない父はご機嫌斜めに…。生活リズムの違いをもっと考えれば良かった…。

    千葉県/Y.Sさん

Fudousan Plugin Ver.1.7.0